×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エスティマ 下取り

車を買ったときに、それを自分の車にするために必要なものがあります。まず名義変更をする必要があります。これは移転登録とも入ります。この移転登録をしない限りは自分の所有者とはなりませんので、この手続きが必要です。
中古車を購入した時にはナンバープレートがついているものとついていないものがあります。ナンバープレートがついていない車は抹消登録がされています。つまり廃車になっているということです。また、ナンバープレートがついている場合もあります。
ナンバープレートがついていない場合には新規登録を行います。もしナンバープレートがついている場合には移転登録つまり名義変更という手続きが必要となります。この新規登録でもまた移転登録でも使うのは OCRシート第2号様式になります。
この新規登録または移転登録ですが、買う方としては印鑑証明書を用意する必要があります。しかしながら、他の書類については、業者がすべて用意してくれます。記入の方法についても業者が説明してくれると思いますので問題はないと思います。ただしその書類に印鑑を押す必要があります。実印を押す場合もあれば三文判を押す場合もあります。ですのでそれさえ間違わなければ大丈夫ということができるでしょう。車庫証明についてですが、車庫証明は業者が手続きをしてくれます。しかしながら車庫証明費用を浮かしたいのであるならば自分で行うようにするということもできるでしょう。この車庫証明についても業者がきちんと説明してくれると思います。最近は警察署でも親切に教えてくれますので、自分でできることはやってみるのが良いかもしれません。
実印と印鑑証明書についてですけども、これらは非常に重要な書類となります。もし誤った使い方をするならば、財産を失ってしまうほど重要な書類ということができます。ですので扱いは慎重に行うのが賢明ということができるでしょう。実印は預けないのが良いということができます。面倒くさいということで業者に預けるということは絶対によしましょう。また、必要な書類以外には押さということも重要ということができるでしょう。印鑑証明書については、発行日から3ヶ月以内じゃないといけないという決まりがあります。ですので、登録する直前に印鑑証明書はとる必要があるということができるでしょう。この印鑑証明書ですけども新規移転をする際にも或いは移転登録をする際にも一通必要となります。そして実印を押すのは委任状だけということができます。それ以外は三文判でいいということになっています。



車を業者から買うときの手続きについて関連コンテンツ

移転登録をする際にですが、その場合には自動車税と自動車取得税の申告も行うようにしなければなりません。 ..... >> 続きを読む
 

サイトマップ