×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エスティマ 下取り

移転登録をする際にですが、その場合には自動車税と自動車取得税の申告も行うようにしなければなりません。この自動車税ですが同じ都道府県内の所有者の車を登録する時には必要がないということがいえます。
自動車取得税ですが、取得価額の5%を支払うということになっています。しかし取得価格は車の種類や年式で決められています。ですので、安くなる場合が多いということができます。
自動車重量税についてですけども、これは、車検の期間が残っているときには払うことはありません。自動車重量税は車検の時にまとめて支払うものなので、次の車検までは税金がかかりません。ですので、もし自動車重量税を費用の中に含めてる業者がいるとするならば、そのことを指摘して支払うことがないようにいたしましょう。
自賠責保険についてですけども、自賠責保険は契約者が変わったとしても保険料はそのままになります。念のために自賠責の保管料も車の値段に入っているかどうかを業者に確認すると良いといえます。
自分で登録を行う時に必要な書類
登録を行ったり、車庫証明を取る場合に業者に行ってもらうのであるならば、そのための費用を支払う必要があります。しかしながら、これは業者がやらなければならないという決まりはありません。自分であって手数料を幾らかでも安くするということもできます。しかしながら、業者の中にはそのことを嫌がる場合もありますので確かめておくとよいでしょう。
もし自分で登録の手続きをする場合にはどのようにすることができるのでしょうか。その時には譲渡証明書が必要です。この譲渡証明書には車のナンバーや車名、形式、車体番号を、そして所有者の住所、名前が記入してあります。そしてそれに、実印が押してあります。それとともに委任状や所有者の印鑑証明書と三文判を用意しなければなりません。
譲渡証明書はどのように記入すると良いのでしょうか。所有者の名前と住所の下の欄に自分の名前と住所を書き込むようにする必要があります。印鑑は必要ありません。さらに、自分の印鑑証明書、実印と三文判、さらには車検証と自賠責証明書を、車庫証明といった書類も必要となってきます。
新規登録をする場合は抹消登録証明書ととして自賠責証明書が必要となっています。また、仮ナンバーをつけて持っていく必要もあるということができるでしょう。そして手続きがおりますと車検証と登録事項等通知書というものがでます。


 

サイトマップ